効果的な育毛成分フコイダン|50代からの抜け毛予防

自毛植毛で自分の毛復活!

悩む男性

薄毛の治療法に効果的と言われている植毛とはどのようなものがあるのでしょう。植毛には自毛植毛と人工植毛があります。人工植毛とは人工の毛を頭皮に植え込んでいく治療法です。従来からある治療法ですが、定期的にメンテナンスを行なう必要があり、また人工の毛に対しての拒絶反応などのリスクもありました。また人工毛は自分の髪のように成長していかないので散髪を行なう際には人工毛にあわせて散髪する必要があるなど不便なところがありました。しかし最近では人工毛ではなく、自分の頭皮を移植することで毛根を復活させる自毛植毛を行なうことができるようになりました。自分の頭皮から毛が生えて成長するためシャンプーなどもできますし、散髪の不便さからも解消されます。自毛植毛は自分の後頭部の頭皮を少しずつ切り取り、薄毛が進行している部分に植え込みます。上手く皮膚が定着すれば、半年から一年後には髪も生えそろうでしょう。しかしこの施術は健康な頭皮が残っていることが条件になります。そのため脱毛の進行が進む前に行なうことが大切です。また一度、植えこんでしまえば人工植毛のように定期的にメンテナンスを行なう必要がないのも良い点です。自毛植毛の施術は麻酔を行なうため、痛みを感じずに行なうとことができます。しかし、施術後落ち着くまでに移植した部分に違和感を感じる人もいます。2ヶ月ほどでこの違和感はなくなるので気にする必要はありません。また一度脱毛してから、新しい髪の毛が生えてきます。施術の失敗ではないので安心してください。